うつになったと感じたら

医者と看護師

適切な治療を受けましょう

現在精神的な病気の治療ができる病院は全国に9000件以上あり、今もその数が増え続けている状態です。選択肢が増えるという意味では結構なことですが、多すぎることで逆に決められないということもいえなくはありません。実際に自分では選びきれずに、口コミを利用して治療先を選んでしまう方も少なくないようです。その方法も間違いとはいえませんが、原因や症状の度合いが患者ごとに違う以上同じような感想を持つとは限りません。やはり自分にとって最良の治療先は、自分自身で実際に行って確かめるしかないといえます。そのための第一歩として、まずは病院に予約を入れていましょう。そこでもし予約がとりづらいことがあったら、迷わずそこは選択肢から外しましょう。なぜなら原因がまだよくわかっていないうつ病を抱えた患者にとって、いつでも行きたい時に行けない病院では話にならないからです。待っている間に重症化することを考えても、予約がとりづらい病院はなるべく避けておいた方が賢明です。また診察の際に、患者の話をよく聞かずに病名を決めて薬を出してしまう医師がいる病院も利用しないようにしましょう。うつ病の症状によっては薬次第で容体が激変する物も少なくありません。そこを考えない医師がいる病院では、治るものも治らないと考えておくべきです。他にも治療中の途中経過に無頓着な医師や、投薬治療に終始して治療法を変えない病院があればさっさと他に移るようにしましょう。医療は時代や治療法によっても大きく変わります。そんな変化を敏感に察知して取り入れていくような病院でなくては、精神的な病気の症状は改善させられないでしょう。人間誰しも軽く落ち込むことはよくあるもので、そうなったところで時間や環境の変化と共に精神状態も回復していくのが普通です。ところがまれに落ち込んだ状態から立ち直れずに、そのままふさぎ込んでしまうこともあります。その上で日常生活に支障をきたすほどの不眠や憂鬱な状態が続くようになったら、精神的な病気を疑わなくてはいけません。ただ普通に落ち込むのと違い、本物のうつ病は原因もはっきりせず抑うつ状態が長く続きます。また精神的な物以外にも、肉体的に疲れやすかったり物事に対する意欲がわかなかったりなどの症状も同時に出るのもこの病気の特徴のひとつです。こんな状態を長く放置していると、日常生活が不能な状態に陥り取り返しのつかない状態になることもあります。うつ病とよく似た原因不明の症状に躁うつを繰り返す双極性障害というものもありますが、こちらは落ち込むだけのうつと違い躁状態になるので同じ病気としては扱われていません。これ以外にもうつとよく似た症状がありながら、典型的な症状がみられない非安定型うつ病というのも最近増えているようです。これらは同じ気分型に分類される精神症状ながら、対処法がまったく違った物になります。そのあたりをよく理解せずに治療を受けると、かえって症状を悪化させてしまいかねません。精神病を扱う病院の中には、これを考慮せずに薬だけを処方して対処するところも少なからずあります。しかしそれではうつ病の原因はおろか症状を改善させるのも難しいといえるでしょう。適切な治療さえ受けられればうつ病の原因を追究したりコントロールを受けたりすることもできるので、くれぐれも治療先はしっかりしたところを探すようにしてください。

病院

種類を知ろう

うつ病には様々な種類があり、それぞれに特徴があります。どのような種類でも、主な原因は蓄積されたストレスです。治療は、カウンセリングと抗うつ剤の服用が中心となります。焦らず時間をかけて治療を行っていくことが大切です。

ハート

メンタルの不調を改善

うつ病の原因は様々ですが、原因を分析して治療にあたることが大切です。抗うつ剤は進化を遂げていますし、学校や仕事を続けながら治療を行うことが出来ます。医師や薬剤師の指示を守って、薬を飲み続けることです。

診察

家族や親しい人の死別など

うつ病は誰でも罹る可能性がありますが、引越しや就職、結婚などを経験して大きく環境が変化したり、多額の債務があったり、親しい人や近親者との死別なども発症の原因になります。精神神経科の病院やクリニックでは、抗うつ剤による治療が受けられます。